ミネラルウォーターとピュアウォーターの違いは?

コンビニやスーパー、自動販売機で販売している水は、全てミネラルウォーターだと思っている人が多いのではないでしょうか?
水は水でも、ミネラルウォーターピュアウォーターという種類に分けられています。

では、各ウォーターの特徴を紹介します。

~ミネラルウォーターとは~

簡単に言うとミネラルが含まれた水のことです。

ミネラルウォーターといえば…

といったようなイメージが強いかもしれませんが、水道水にミネラルを配合した加工水も存在しますし、天然水のミネラル含有濃度を調整したもの、殺菌済みのものや殺菌されてないものなどがあり様々です。

有名なボルヴィックは、熱殺菌をしていないミネラルウォーターです。

大人が飲む分に関しては、それほど気を使わなくても大丈夫ですが、内臓機能の弱い赤ちゃんに与える際は注意が必要です。

ミネラルウォーター全般は赤ちゃんの飲用には不向きだと言われています。
赤ちゃんには、ミネラルウォーターではなくピュアウォーターがオススメです。

~ピュアウォーターとは~

ピュアウォーターは、ミネラルウォーターに含まれる「ミネラル」を取り除いた水の事です。
ミネラルだけでなく、不純物を限り無く取り除いて分子レベルまでろ過した水なのです。

「純水」、「RO水」というように呼ばれています。

ただ、日本人は水についてそこまで興味を持っている人が少なく、 ミネラルウォーターをピュアウォーターのような感覚で飲んでいる事も多いようです。
ミネラルウォーターとピュアウォーターを飲み比べると違いがハッキリわかると思います。

ピュアウォーターは口あたりが優しく、「癖がない」と感じるようです。
「赤ちゃんに適している水」と言われています。

内臓の弱い赤ちゃんにも安心して飲ませることができる水。それがピュアウォーターです。

ピュアウォーターは吸収率が高いので、料理にも向いています。

ご飯を焚く際の水はもちろん、煮物や蒸し料理の際にも具材を柔らかくしてくれるのでぴったりです。

ピュアウォーターの特徴をまとめると…

といったような評価が挙げられています。

ヨーロッパやアメリカでは、ミネラルウォーターよりもピュアウォーターのほうが好まれているそうです。